WGC_logo_color_200.jpg

ask.jpgask.jpg

menu_141021_r1_c1.gifmenu_141021_r1_c1.gifmenu_141021_r1_c2.gifmenu_141021_r1_c3.gifmenu_141021_r1_c3.gifmenu_141021_r1_c4.gifmenu_141021_r1_c5.gifmenu_141021_r1_c5.gifmenu_141021_r1_c6.gifmenu_141021_r1_c7.gifmenu_141021_r1_c7.gifmenu_141021_r1_c8.gifmenu_141021_r1_c9.gifmenu_141021_r1_c9.gifmenu_141021_r1_c10.gifmenu_141021_r1_c11.gifmenu_141021_r1_c11.gifmenu_141021_r1_c12.gifmenu_141021_r1_c13.gifmenu_141021_r1_c13.gifmenu_141021_r1_c14.gifmenu_141021_r1_c15.gifmenu_141021_r1_c15.gif

main_title_r7_c1.gif

アボカド


Q.アボカドにはワックスがかかっているのか。
A.かかっていません。

Q.最高に美味しい時期を知りたい。
A.10月から5月位までが、最も品質が安定しています。

Q.黒くならないうちにグリーンで柔らかいのは食べられるのか。
A.いくつか原因が考えられますが、圧力がかかったり、保存状態によっては、外皮が緑色でも中の果肉が劣化してしまうことがあります。食べられますが、お勧めできません。

Q.緑色の状態で食べてもおいしいのか。
A.固くて緑色の状態のものも、食べられますが、青臭さが残ります。天ぷらなどにして、レモンなど絞ってお召し上がりいただくこともできます。

Q.どんな木になるのか。
A.熱帯から亜熱帯にかけて生育する常緑樹に実をつけます。場所にもよりますが、木は、20mにも成長します。

Q.黒い筋は何なのか。
A.繊維質です。品質上問題はありません。

Q.なぜまだら状になるのか。
Q.黒い斑点は何か。
A.表皮及び中身にまだら状や黒い斑点がでる症状には、いろいろな理由が考えられ、現在尚調査中ではありますが、 以下の2種類によるものと考えられております。
1)黒い斑点は、ひとつは病気によるもの。
その原因は土壌に菌が発生してしまい、木や果肉に付着してしまうもの

*現在、消毒技術が進み、めったに発生はしません。

2)黒い斑点は、オイルコンテンツとよばれるもの。
それは、8月や9月に産地のメキシコに多く雨が降り、うまく脂質指数があがらず、果肉のオイルバランスがわるくなり、でやすくなる。また、未熟果のうちに収穫してしまった場合も同様にでやすくなります。

Q.追熟の温度や湿度について。どんな場所で追熟するのがよいか。
A.通常25度程度の場所が適しています。急激な温度変化が劣化を促進させてしまうことがあります。低温過ぎると、外皮に変化が見えない場合でも、中身は劣化していることがありますのでご注意ください。
秋冬には、温度が一定に保たれる冷蔵庫の上などが、追熟の場所としては適しています。重みでつぶれないように、クッション性のある柔らかい布などの上に、重ねずに並べてください。

Q.皮をむいた時、皮に接している部分の果肉が所々黒くなっているものがあるが、問題はないのか。病気ではないのか。
A.日本大学農学博士 井上氏検証
黒褐色の原因は、果実収穫時に、果実を樹上から落としたり。BIN BOXの中で箱にぶつかったり、または、果実同志が衝突し合った際の損傷が原因となる。

アボカドは、果実を収穫した時点から追熟をはじめ、エチレンガスを発生するが、この損傷した部分から、どんどんエチレン ガスが漏れていく。そのため、果実全体が熟したときに、正常な箇所に比べて熟度の時差が生じてくる。つまりエチレンを発散し、先に劣化をし始めている。したがって、病気・菌などではありません。(こういった症例はない)

ホーム > 青果Q&A > アボカド