WGC_logo_color_200.jpg

ask.jpgask.jpg

menu_141021_r1_c1.gifmenu_141021_r1_c1.gifmenu_141021_r1_c2.gifmenu_141021_r1_c3.gifmenu_141021_r1_c3.gifmenu_141021_r1_c4.gifmenu_141021_r1_c5.gifmenu_141021_r1_c5.gifmenu_141021_r1_c6.gifmenu_141021_r1_c7.gifmenu_141021_r1_c7.gifmenu_141021_r1_c8.gifmenu_141021_r1_c9.gifmenu_141021_r1_c9.gifmenu_141021_r1_c10.gifmenu_141021_r1_c11.gifmenu_141021_r1_c11.gifmenu_141021_r1_c12.gifmenu_141021_r1_c13.gifmenu_141021_r1_c13.gifmenu_141021_r1_c14.gifmenu_141021_r1_c15.gifmenu_141021_r1_c15.gif

WGCメンバーと商品のご紹介

マンゴー(オーストラリア)A2Jマンゴー





マンゴー(オーストラリア)A2Jマンゴー

12_2.gif

12_3.jpg

 ブランド名 A2J, 他 エートゥージェー
 品種 ケンジントンプライド、R2E2
生産者名

Manbulloo Limited.
マンブルー社 
http://www.manbulloo.com/

 産地 オーストラリア
 供給期間 9月〜3月
 重量(kg) 4kg(ケンジントンプライド)、 3kg(R2E2)
 1カートン入り数 7入、8入、9入、11入、12入、14入
 商品の特徴
マンブルー社は2005年設立された、キャサリンに1つ、タウンズビルに2つの農園を持つマンゴー出荷社です。

特にキャサリンの農園は1982年から商業向けのマンゴー栽培を始めている、オーストラリアの中では草分け的存在です。 輸出先は主にニュージーランド、日本、中東、ヨーロッパ、中国、と世界の様々な地域で マンブルー社のマンゴーは親しまれています。
 
<マンブルー社のマンゴーの品種について>
ケンジントンプライド 
・果皮の色はゴールデンイエロー~オレンジ
・果肉の色は黄色
・多汁で柔らかい食感が特徴

R2E2
 ・ケント種とケンジントン種の交配種
・果実に対して種が小さめ
・サラダやサルサにもよく合う
・繊維質が少なくマイルドな食味。

menu_141021_r1_c1_s2.gifmenu_141021_r1_c1_s2.gif > WGCメンバー > マンゴー(オーストラリア)A2Jマンゴー